パーキング経営

鉄道の利用を促進していく

鉄道会社がコインパーキングを経営するときには、駅の近くに駐車場を整備していきます。このようにすることによって、鉄道会社は列車の利用を図っていくことができます。さらに、鉄道会社はコインパーキングを経営することによって、新たな収益を確保できます。 また鉄道会社は、長距離の切符を購入してくれた乗客に対しては、駐車料金を無料にします。このような方法によって、コインパーキング経営を通じて鉄道業における収入増加を見込むことができるのです。 つまり鉄道事業とコインパーキング経営という相乗効果によって、鉄道会社の売り上げを増やすことができます。同時に、鉄道会社にとっては新たらしいビジネスの機会となっていくのです。

鉄道会社がコインパーキングを経営する

現在、鉄道会社は鉄道業だけでなくそれに関連する事業を行って、利益を確保しています。また鉄道会社の中には、コインパーキング経営を行って売り上げを得ているところもあります。 コインパーキングが設置される場所として、駅の近くになったりすることがあります。駅の近くに整備することによって、駅まであまり時間が掛からないようにしています。また鉄道が高架の場合、高架の下という場所を用いて、駐車場を設けたりしています。駅近くに鉄道会社が土地を持っていれば、資産を有効に使って利益を得ることが可能になります。 このコインパーキングの経営による利益確保は、鉄道会社にとって新たな収益として分類されています。同時に、鉄道会社によって行われる新たな利用者獲得の方法になりつつあるのです。